ダイエットの基本は、筋力トレーニングで基礎代謝を増やして脂肪を燃焼しやすくし、ジョギングなどの有酸素運動で脂肪を燃焼するというのが基本となりますが、なかなかそんな運動できる時間というのはつくることができませんよね。

 

 早朝、目覚めたばかりの状態で食事も摂らずに運動をすると危険といいます。

 

体温が低いのも睡眠中は全身の細胞が休養しているためで、目覚めてから筋肉がきちんと活動するまでに3時間くらいかかるそうです。

 

かといって、普段6時に目覚めるからその3時間前に目覚めても日中帯が仕事になりません。

 

昼にしても休み時間はせいぜい1時間といったところで運動するにも満足な時間がつくれません。

 

夜になると仕事の疲れでくたくた。それに夜道は物騒ですからジョギングにも二の足を踏んでしまいます。

 

ガリガリになりたいなら生活習慣を変えよう!

 

 そこで私が考え行ったのが、「日常生活ダイエット」です。

 

 身体を常に動かすことを意識することで身体に刺激を与えていこうというものです。

 

 朝目覚めたら、身体を目覚めさせることに効果がある太陽光を浴びながら、長い深呼吸をして心肺機能と腹横筋を鍛えます。5秒吸いこみ5秒吐くという動作を1分間行います。

 

次に背伸びでうんと伸ばして脊柱起立筋に刺激を与えます。脊柱起立筋を鍛えることで背が真っ直ぐになり、首や腰の負担を和らげる効果があるのです。また、
出勤の際も出来るだけ徒歩になるようにし、階段の上り下りも太ももに刺激が来るように一段抜かしや駆け足気味などで足腰を鍛えていきます。

 

仕事中もパソコンを使ってのデスクワークが多いのですが、トイレ休憩があれば必ず足腰のストレッチを行い、背伸びをしてデスクワークで背中が丸くなりやすくなっている脊柱起立筋を鍛えるようにしました。

 

 そして仕事が終わり帰宅へ。

 

ガリガリになりたい私は生活習慣も変えました。

 

 お風呂に入る前に、15キロダンベルを2つ使って筋力トレーニングを行います。

 

鉄アレイと違って疲れの度合いによって重さを変えやすいので、ある時は5キロ程度で軽く刺激を与える程度にし、調子が良い時は高重量で。
身体のなかで大きな筋肉となる肩や背中、スクワットを中心に行いますが、重い物を持って身体を上げ下げしているだけでも、身体に心地好い刺激を与えてくれるのでとても重宝しています。

 

あとは入浴後にストレッチをして就寝するのですが、日常生活で身体を動かしていることと、帰ってからの高重量の筋力トレーニングで基礎代謝が高まり、これといって目立ったダイエットをしなくても均整のとれた身体つきを維持できています。

 

常に身体を動かすことを意識すること。

 

 

私はこれが大事であると思います。