豆腐でガリガリになりたい!

ダイエットをしようと主人と決心してから、お米・パン・麺類・肉類の摂取をやめました。もちろん外食をしたり、友人宅で食事をいただいたり、自宅でもたまには食べることがあります。しかし、主食は豆腐!と決めました。でも、冷奴ばかり食べているわけではありません。ここでは、主人も喜んだ豆腐料理を紹介します。

 

【豆腐ハンバーグ】

豆腐ハンバーグは有名すぎるほど有名です。でも、決してお肉に豆腐を入れるのではなく、豆腐だけで作ります。豆腐を水切りし、粉末の出汁を加えて味を付け、もし野菜があればみじん切りにして加えます。小麦粉あるいはパン粉を加え、ハンバーグの形にして焼くだけです。水切りをしっかりしておかないと、形が崩れやすくなってしまうので気を付けなければなりません。ハンバーグが焼けたら、好きなソースをかけていただきます。

 

【オムライス風オム豆腐】

オムライスと言えば、チャーハンの上に薄焼き卵が乗ったものをイメージすると思います。ここでは、そのチャーハンを豆腐で作ります。水切りした豆腐を炒り、ケチャップ、ソース、塩コショウで味を調えます。その上に薄焼き卵を載せて、ケチャップをかけてできあがりです。ご飯で作ったオムライスよりも糖質が少ないので、健康的です。オムライス風でなくても、炒り卵に加える材料を工夫すればチャーハンのように食べることもできます。

 

【ピーマンの豆腐詰め】

ピーマンの肉詰めは有名です。この肉を豆腐にしてしまうのです。豆腐ハンバーグと同じく、水切りした豆腐に小麦粉かパン粉、出汁、そしてお好みで野菜のみじん切りを加え、4等分したピーマンに詰め、フライパンで焼きます。ピーマンに小麦粉をまぶさなくても、しっかり豆腐を詰めれば中身が出てきてしまうことはありません。また、パプリカでもできます。パプリカだと彩りも綺麗なので、お客さんに出しても喜ばれます。

 

【豆腐カレー】

カレーを作った際、お肉の代わりに角切り豆腐を入れます。カレーを作り、最後に水切りした豆腐を角切りにし、加えるだけで、お肉を入れたカレーよりもカロリーが減り、ヘルシーになります。うちは主人がカレーは何日続いても飽きないという人なので、カレーだとレシピも簡単だし、冷蔵庫の中身を使い切る意味でも非常にありがたいメニューです。

 

いかがでしょうか。ダイエットは続かないと思う人でも、主食に豆腐を使って少し工夫をするだけで、体重を減らすことができます。私たちはこのやり方で1カ月1~2kgほど減らしました。あまり急激に減らない分、リバウンドもありません。